行動計画

医療法人大平会 行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成31年4月1日~令和5年3月31日までの4年間

2.内容

目標1全職員の年休取得率を平均96%以上目指す。
対 策 平成31年4月~
現在達成されているが、引き続き継続して周知徹底を図り、職員へ利用促進を図る。
中間報告令和2年4月1日~令和3年3月31日
現時点では取得率は平均95%に留まっている。
目標2計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。
①男性社員・・・計画期間中に1人以上取得すること。
②女性社員・・・取得率を100%以上にすること
対 策平成31年4月~
現在導入されているが、引き続き継続して周知徹底を図り、職員への利用促進を図る。
中間報告 平成30年4月1日~令和3年3月31日
①男性社員 1名
②女性社員29名 取得率100%

女性活躍推進法に基づく行動計画

職員がその能力を発揮し、特に女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

令和3年4月1日~令和5年3月31日までの2年間

2.内容

目標1女性管理職(課長級以上)労働者の割合を40%以上にする。
対 策現在の女性管理職(課長級以上)は38.9%である。育児休業法等の諸制度の利用を積極的に周知し、職員の長期的なキャリア形成を目指し、さらなる女性管理職の育成に取り組む。
目標2短時間正職員制度により、多様な事情を抱える職員が働きやすい職場環境を提供し、該当する希望者全員が取得できるようにする。
対 策短時間正職員の職種を限定的にしていたが、職種に限らず全職員対応とした。